過払い請求とは

 

過払い請求とは

金融業者などからお金を借りる際には利息制限法によって金額に応じて利息制限が決められていますが、その制限を超えた利息分を借りた方が返済している場合、払いすぎた利息を過払い金と言います。


過払い請求とは払いすぎた利息を取り戻すために借りた先に請求することで、以前は消費者金融やクレジットカード会社で今では完全に認められていないグレーゾーン金利と呼ばれる金利の貸し付けが行われていたため、多くの法律事務所が過払い請求の無料相談を実施しており、結果、払いすぎていた金利を取り戻す人が多く見られるようになっています。


過払い金が発生する可能性が高いのは…

過払い金が発生する可能性が高いのは、2010年以前に消費者金融やクレジットカードからお金を借りていた人たちで、そのような人たちはすでに払い終わっている場合も一度支払っていた金利を確認することをおすすめします。


しかし過払い請求の負担に耐え切れなくなってすでに倒産してしまった金融業者もたくさんあるので、自分が借りていた業者がまだ倒産しないで営業しているかを確認する必要があります。


今では会社名が変わっていたり吸収合併されている場合もありますが、倒産していない場合は過払い請求ができることもあるので、そのことも含めて確認するようにしましょう。


また過払い金は完済してしまってから10年で時効となるので、その点にも注意して過払い金請求の手続きを進めるようにしましょう。


過払い請求はプロにおまかせ

過払い請求は個人で行うこともできますが、素人がそれを行う場合は、過払い請求に関して十分な知識の他にもかなりの労力が必要になります。


毎日仕事で忙しい人には大変で、過払い金額の計算をすることも難しいので、過払い請求はやはり弁護士や司法書士などの専門家に依頼することをおすすめします。


最近では過払い請求の過渡期を過ぎたこともあって、業者側も支払いを渋るところも多くなっていることもあり、素人が過払い請求をするよりもプロに頼んだ方が過払い金を取り戻せる可能性が高くなっています。


自分の過払い金がどの程度あるかを知りたい人は、専門家に問い合わせてみることがおすすめで、今ではテレビなどでも過払い請求をしてくれる弁護士や司法書士事務所のCMが毎日のように放送されているので、それらを参考に自分で一番信用できると思ったところに依頼してみるといいでしょう。


 
コンテンツ